2018年9月14日

f:id:superfamicom:20180915075045j:image

店頭でPV見て一目惚れ。これだよこれ!映画見た人がみんなやりたかったことがこのゲームにはある。……と思う。店頭で触っただけなので、まだプレイどころか開封すらできてないけど。

 

糸バンバン出しながらビル街を飛んでいくのを見てJust Cause 2 初めてやった時の感動を思い出した。

明らかに糸がつかない場所でも、ついたと仮定してキャラが動かせる、いい感じの嘘加減がとても良い。頭文字Dの車の挙動みたいなゲームならではの気持ちの良い嘘物理。

 

f:id:superfamicom:20180915075602p:image

ライバルズ はエラッタ以後迷走中。ラーミアゼシカ作ったり、メラガイアーを使ったOTKゼシカを試みたり。ダメダメではあるんだけど、ゼロックスな感じのデッキ、もう少しで組めそうな可能性は感じるんだけどなあ。特に≪魔力の奔流≫あたりに。クロックチャージしておいた≪魔力の奔流≫を終盤使ってオーブを一気に置く動きは楽しい。